2016年11月24日

雑談 ポケモンGOをやったら人混みに酔った

今日は、ジストニアには関係ありませんが、ポケモンGOをやったら人混みに酔った話。

今更と思う方も多いかと思いますが、ブームが一段落した10月頃からポケモンGOを遊んでいます。
「病気なのに、なに遊んでんだ!」というツッコミはごもっともですが、「リハビリ」の一種と思って甘〜く見て頂ければ幸いです。

昨日、特定のポケモンが沢山いる「巣」と言われる所に子供と行ったのですが、人混みが凄かったです。
ちょうど「感謝祭」という経験値が通常の2倍というイベントが始まり、ポケモンに注目が集まったこと、また祝日であったこともあると思いますが、「花火大会か?」と思うような人混み(汗)

そのうちに、なんだか後頭部が重くなる感じがしてきました。
風邪やアレルギーの時と異なる感じ、人混みの中でたまに感じる、いわゆる「人酔い」です。

インターネットで調べて見ると、人酔いとはストレスからくる「血管迷走神経反射」というものの様ですが、私の感覚とはちょっとずれます。

それは「ここに目標とするポケモンがいるはずなのに、表示されない!」という時から感じました。
周りは人で溢れ、明らかに「ここに目標のポケモンがいるはず」なのですが、自分のスマホには表示されない・・・

数ヶ月前に「お台場のラプラス大騒動」がニュースになっていました。
「ポケモンGOは(原則)全員が同じ場所で同じポケモンが取れるはずなのに、何でラプラスが取れた人と取れない人がいるのだろう?」と疑問に思っていたのですが、これで分かりました。
推測するに運営側のサーバの問題か運営orキャリアーの回線の問題で、大勢の人が一箇所に集まるとポケモンの表示がされなかったり、表示が遅くなったりするようなのです。
処理しきれないってことですね。

人混みだけが問題ではなく、私自身の「表示されない」イライラと、周囲の人達のイライラも影響があったかもしれません。
久々の「人酔い」でした。
そういえば、朝の通勤ラッシュ時に事故があった際に漂う車内の「重い、いや〜な感じ」も、自分だけでなく周囲の人達のイライラが影響しているのかもしれませんね。

私の場合、「人酔い」などの「頭の重〜い感じ」は、シャワーを頭に浴びることで軽くしています。
とっとと寝るのも効果的。

都会に住む以上、たまの人酔いはある程度避けられないのかもしれませんね。
posted by loyal.2nd at 14:55| Comment(0) | 雑談(ジストニアと無関係)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。