2017年03月09日

雇用保険の延長申請 〜ハローワークの女神

今日は、ハローワークに受給期間延長のため電話したら、非常に親切だった話。

教会.jpg




フルタイムで働いている会社員は、雇用保険に入ってますよね?
ジストニアで会社を休んで傷病手当を貰っていると「あれ?雇用保険は貰えないのかな?」と疑問に思ってしまいますが、働ける状態まで回復すれば雇用保険を貰うことが出来ます。
それはフルタイムの前職並みの仕事が出来る「完全回復」でなくても「軽作業ならOK(アルバイトで雇って貰える程度には働ける)」の状態でも良い模様。
雇用保険の給付金額は給与の50〜80%ということで健保組合の傷病手当の方が金額が多いと思われますが、会社員として雇用保険を延々と支払ってきた人は、回復してすぐに職に付けなかったら給付を受けたいですよね〜

ただし、雇用保険の有効期限は退職から1年間のみ。
病気で休職→休職期限満期で退職した人は、@1年で回復するかどうかはわかりません。
そこで、退職後30日経過したらハローワークに雇用保険の延長申請書を提出することになります。
延長申請をすれば、最大3年間の延長+本来の1年間で、最大4年間に有効期間を伸ばすことが出来ます。
ただ、退職して30日経過後から1ヶ月の間に申請するというややこしさがあるので、管轄のハローワークに電話してみました。

すると、声から優しさが溢れ出る、「女神か聖母か!?」といった様な女性職員から、非常に丁寧な説明を受けました。
1 ハローワークから書類を郵送するので、郵便で延長申請書を送付すればOK(すぐに送られて来ました)。
2 退職日から30日以上経過していることの医師からの証明が必要。
ということでした。

2の方が多少面倒で、次の(ア)・(イ)の方法で証明できます。
(ア)「雇用保険受給資格決定に係る症状証明書」(ハローワークから延長申請書と共に送られてきました)に、担当医に記入して頂く。
(イ)退職の翌日から30日間の期間が含まれた「健康保険の傷病手当金支給申請書」のコピー

私の場合は、(イ)だとタイミングが色々ありますので、(ア)を先生にお願いしようかと考えています。



私個人は雇用保険にお世話になる予定はありませんが(皆そうですよね!)、保険の意味で一応延長申請をしておくつもりです。
安心ですしね。

しかし、ハローワークの方、対応が素晴らしかったです。
ネットを見ると対応はピンキリの様ですが、利用したことのある知人も対応が親切・丁寧で有り難かったとか。
ハローワークの職員の方、ありがとうございました!
離職者に寄り添うハローワークの職員の皆様に、幸あります様、お祈りいたしております。


posted by loyal.2nd at 15:12| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
はじめまして。
私も延長申請して、「ここだ!」というタイミングで失業保険満額受給しました。
Posted by たんま at 2017年03月10日 16:51
たんまさん、はじめまして!

タイミング、上手くいって良かったですね!
ジストニアの場合は「治った!」とはっきりと分からないイメージが私にはありますね〜
満額受給する前に就職or事業が成功するのが理想ですが、保証がないので延長申請の制度は有難いです。
Posted by loyal.2nd at 2017年03月11日 09:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。