2017年03月30日

ジストニア以外の痛みに、置き針(鍼)がオススメ!

置き針.JPG


今日は、ジストニアには有効ではないかもしれませんが、通常の筋肉疲労の痛みには置き針(鍼)がオススメの件。


ジストニアの症状に対し、鍼灸治療が有効(軽減作用がある?)な場合があると言われています。
私も、毎週の様に鍼灸治療を受けています。
鍼灸のジストニアに対する効果は正直よくわかりませんが、少なくとも体調が良くなります(翌朝の目覚め、気持ちいいです!)。
最近はボトックス治療のお陰で(ジストニアによる)首・肩の痛みは治まっていることが多いので、(ジストニアの症状ではない)坐骨神経痛的な腰・尻・腿の痛みを集中的に鍼灸治療して頂いています。

ですが、坐骨神経痛的な腰・尻・腿の痛みは、なかなか取れません(汗)
自宅でもボール等を使った「筋膜リリース」的なツボ押しをしているのですが、以前より痛みは多少弱くなっているものの、痛みは健在です。
<過去記事:筋膜リリース・ツボ押しのテニス&ゴルフボール 〜ゴルフボールは効果抜群!

そんな中、ふと思い出したのが、「置き針(鍼)」です。
置き針は、ピップエレキバンの様な外観で、磁石の代わりに小さな「針」があるものです。
ジストニアで苦しみつつもまだ会社に通っていた頃、痛みを抑えるために使用していました。
<別ブログの過去記事:慢性のコリには置き鍼が効く!〜首肩腰に

ジストニアの痛みが酷くなると置き針では太刀打ちできなくなったため使用を止めていましたが、「ジストニアはダメでも、坐骨神経痛ならいけるんじゃん?」と思って先日試したところ・・・

効果有り!

足の付け根(股関節)はデリケートな部分に近いので(汗)、鍼灸師の方もガンガンに鍼を刺せないのですよね〜
鍼の先生に治療して頂いてなかった箇所を自分で置き針を刺してみると・・・

声が出ない位の激しい痛みが襲ってきました!

あまりの痛みで体が自然に「吠える」様なポーズに。
大友トリモチ氏の言う「ドミンゴス」の咆哮の様でもありました。



それ以降、置き針を足の付け根(股関節)辺りに貼っていると、歩行時のジストニアの症状が軽くなっている気がします。
慣れたら効果がなくなるかもしれませんが、しばらく研究してみたいです。

以前からセルフケアをしていたつもりですが、今後は置き針や自身でのマッサージを通じて、セルフヒーリング・セルフケアを強化していきたいです。

参考:大友トリモチ氏の著書
posted by loyal.2nd at 10:43| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。