2017年04月07日

お試し体験、理学療法士的アプローチ

リハビリ.jpg


先日、理学療法士的アプローチを行うお店に行ってきました。


理学療法士とは、リハビリ・運動機能回復のスペシャリストで、国家資格です。
本来は病院等に勤務しているのですが、理学療法士の人が起業して、整体とミックスした様なアプローチをする店を紹介されました(2017/4/29追記、「整体とミックス」ではなく、米国等でメジャーな「オステオパシー」という治療概念を中心にミックスしている模様です)。

ホームページを見ると、起業された理学療法士の人独自のメソッドの模様。
分類的には、あん摩マッサージ指圧師・柔道整復師・鍼灸師などの様な公的資格ではなく、整体・カイロ・リラクゼーションの様な玉石混合の民間療法に当たります。
ちょっと怪しさはありましたが、紹介されたということは効果があるかもしれないと思い、試しに行ってきました。

実際に受けて見ると、柔道整復師の様な「関節の調整」や、指圧の「神経押し」の様な長押しがあったりしましたが、全般によくわかりませんでした。
少なくとも、「筋肉・トリガーポイントへのアプローチ」とは全く違う印象。
長押し的なものは、じんわり気持ち良かったです。

最初と最後に首を回して、「可動域が広がった」ことを確認。
継続は悩みましたが、「とりあえず3回受けると効果が出る」と言っていたので、次回の予約をして帰りました。


帰宅中、帰宅後ですが、「あちこちがかなり痛い」感じでした。
首周辺や、腰・尻・腿辺りなど、結構辛い・・・
居間の椅子に座っているのもきつい感じでした(汗)
そして夜は12時間位眠り・・・
翌朝も、鍼灸を受けた時の様な「すっきり!」とは程遠い感じです。

「身体の悪いところが出ている」とも取れますが、何とも判断がつきません。
とりあえず、@2回は受けてみようかと思っています。
まあ、「TRY & ERROR」ってやつですね!

posted by loyal.2nd at 15:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。