2018年01月12日

新年のご挨拶

2018新年.jpg


新年、明けましておめでとうございます。
ブログの更新が空いてしまい、申し訳ありません。



昨年(2017年)8月末から様々なことが良い流れになったのですが、11月辺りから停滞気味になってしまいました。
一番相関性が高いと考えられるのは「実家の問題」。
あとは、「妻・子供との関係」「お金の問題」辺りです。
「実家の問題」は12月末辺りから落ち着き始め、新年から良い流れに戻ってきている印象です。

とりあえず、今月(2018年1月)からある程度の収入の見込みが立ち、ほっとしています。
ただ、今年6月辺りからの税金・社会保険の支払いの目処を立てていくのは、これからになります。

ジストニアの症状は日々様々で、ひどい時も全くない時もありますが、随分マシになった気がしています(勿論、引き続き受けているボトックス治療の効果もあると思います)。

私の場合、一番首がひん曲がるのは、「歩いている時」でした。
今は、首がひん曲がってくる時には、「超スローモーションに道の端っこを歩く」「それでも辛ければ立ち止まる」ことでかなり治る様になりました。
時間制限がある時にゆっくり歩くのはプレッシャーがありますが、それは「遅れても良いと諦めて<約束よりも自分・身体を優先>、先方に<遅れる・キャンセルする>旨を連絡する」「何で身体が嫌がっているか考える・聞いてみる」で対処しています。

まだ予断は許しませんが、「山を越した」気がしています。

皆さまのジストニアも少しでも良くなる様、お祈りいたしております。

posted by loyal.2nd at 18:20| Comment(4) | 日記
この記事へのコメント
久しぶりの投稿ですね。色々問題が解決されたようで何よりです。loyal.2ndさんは、社会復帰(仕事)されたのですか?
Posted by SUN at 2018年01月24日 11:25
更新がされないので心配しておりました。私も同じ痙性斜頸になり、このblogを参考にさせていただき東京クリニックにてボトックスをしております。私も4回の注射でかなり改善はしましたがまだ両手で頭を洗う、写真を撮られるなど特定の動きや行為で左に反応してしまい困っています。東洋学的治療もしておりますが金銭面で限界があります。周りからもう仕事出来るだろと言われ、怠けているように感じ悶々とした日々を送っておりますが、どこをゴールとするか、どこがゴールなのかなかなか決められません。

私が購入した本で痙性斜頸の各科「神経内科、心療内科、脳神経外科、精神科など」の治療方針が記載されているものがございます。その中では各科を否定せず。横の連携を訴えており、私も東京クリニックの他、メールで問い合わせをしてから心療内科に相談に行きました。先生曰くメンタル的な投薬で完治した人もいると言うことなので合わせて通院しております。あくまで個人の判断なので参考までに。

私も子供がいてこれからの生活が不安で不安でしかたありませんが同じ病気の皆様と一歩一歩進んで行けたらと思います。

又、更新楽しみにしております。
Posted by kun at 2018年01月27日 10:05
SUN様

こんにちは。コメントありがとうございます。
社会復帰は・・・グレーなところですね〜
「面接して内定を取って会社で働く」という感じではなく、「親類を頼って」という感じです。
以前の様に「スーツを着て企業戦士として働く」のは、まだまだ無理がありそうです(汗)
Posted by loyal.2nd at 2018年02月03日 14:53
kun様

こんにちは、コメントありがとうございます。
kun様もボトックス治療による改善が見られた様で、何よりです。
私も頻度は低くなったものの症状が出ることがあるので、ゴールは近いと思うものの、「治った!」と断言できません。

ジストニアは「神経」の病気なので「無意識」との関連が強いと思われます。「無意識に関連する」とすれば、心療内科や認知行動療法といったものも人によって効果が期待できるかもしれませんね。

更新をさぼって申し訳ありません!
ボチボチ更新していきたいです。

Posted by loyal.2nd at 2018年02月03日 15:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。